top of page

大学受験の仕組み

こんにちは!富山医薬個別指導塾TIPSです。

いよいよ新学期のスタートですね。

今回は、大学入試の仕組みについて説明していきます。

受験に悩んでいる方や、受験がどういったものなのか

想像がついていない方は是非参考にしてみてください!


・国公立大学受験の場合

多くの国公立大学では、受験日程が

前期(国立に多い)・中期(公立に多い)・後期に分かれており、

それぞれ1校ずつ受験することができます。

すべての日程で受験することが可能ですが、

国公立大学では、「前期日程」の試験に合格し、

期日までに入学手続を完了すると、

「中期日程」「後期日程」に出願・受験しても

「中期日程」「後期日程」の学部・学科の合格者とはならない

という重要なルールがあります。


国公立の入試は主に、①共通テスト結果 ②個別試験 ③小論文や面接

の内いずれかもしくは複数を用いる場合がほとんどです。

前期・中期日程では①+②を、

後期日程では①+②または①+③を用いる場合が多いです。


・私立大学受験の場合

私立大学を受験する場合は、受験日程が被らない限りいくらでも併願できますが、

5校程度を受験することが一般的となっています。

(国公立志望の人は滑り止めまたは練習として1・2校程度)

入試は主に、

①個別試験を用いる 

②共通テストの一部科目を用いる 

③小論文や面接を用いる

場合がありますが、基本的に2科目や3科目で

受験できるようになっている場合が多く、

併願がしやすいという特徴があります。

私立大学の受験日は国公立大学と比べて

比較的早い場合が多いです(1月下旬~)。

そのため、早めの計画・対策が重要となってきます。


いかがでしたか?

受験にも様々な方法や日程があるので、

自分の希望に合った受験方式を選ぶ参考になれば幸いです!

自分の納得のいく受験ができるように頑張りましょう!

閲覧数:22回

​授業のご案内

「私の勉強法」

bottom of page