top of page

高3になるまでにやっておくべきこと

こんにちは!

今回は、高3になるまでにやっておいた方が良いことを紹介しようと思います。

高校1年生や高校2年生では、この時期だからこそできる

さまざまな経験や挑戦があると思います。

人生でほんの少ししかない高校生活を充実させて

未来に繋げるためにも、ぜひ参考にしてみてください!


① オープンキャンパスに参加する

多くの大学では、夏休みの時期にオープンキャンパスを開催しています。

オープンキャンパスでは、

大学の雰囲気や実際の大学生活、学部についてなど、

インターネットや本からは学ぶことのできない

数多くの情報を得ることができます。

実際に大学に行って体感することで、

自分の志望校や行きたい学部について想像しやすくなったり、

新しい夢や目標を見つけるきっかけにもなります。

早すぎることなどないので、1年生でも

夏休みなどを利用して是非参加してみてください!

友達や家族と旅行感覚で行くのも良いと思います!


② 部活動や学校行事

実は、毎日のように行う部活動や

体育祭・文化祭などの学校行事は、

高校を卒業してしまうと多くの人は

二度と経験することができなくなってしまいます。

大学でもサークルや文化祭などはあるのですが、

そもそもクラスといったものが存在しない大学では

その雰囲気が高校の時とはかなり異なります。

人生の中で部活動や学校行事に

学年やクラスの仲間と一丸となって取り組める機会は

高校生が最後なので、ぜひ積極的に取り組んでください!


③ 国語・数学・英語の勉強

最後に受験に大切な勉強についてです。

この三つの科目は他の科目と比較して

長い時間をかけて身につけていかなければなりません。

これらの科目は3年生になってから応用力を身につける必要があるため、

それまでに基礎をある程度身につけておかなければなりません。

模試や定期テストなどを利用して自分の弱みを確認し、

自分に足りていない各分野での基礎を

しっかりと定着できるようにしましょう。

特に英語に関して、リーディング能力は

高校3年生までにどれだけ英文に触れてきたかに左右されると思います。

問題をたくさん解く必要はないので、

英語の文章や短編小説、英語新聞など

簡単に始められそうなものから読んでみましょう!

閲覧数:53回

​授業のご案内

「私の勉強法」

bottom of page